黒魔法使いの弟子

Ruby & Javascript & Hack

ブログを書く

アルファブロガーのブログを見る。面白いことを書くもんだ、と感心する。

自分でもやってみたいとウズウズし始め、ブログを開設する。

面白いコトを書こうと力みすぎて、結局、なにも思いつかない。
なにも書けないから、当然ながらブログを止める。


こんなカンジで新しいブログが誕生し消滅するんだろうね。
前回の俺もこのサイクルだったし。

以前、紙ベースの日記を書いたことがある。
一冊書き終えたときの満足感は、そりゃあたまらんものだった。

しかし、紙ベースの日記は、閉じた世界での話。
ブログだと話が違う。
誰でも読める。公式オレホームページって訳だ。

このブログをどう使うか。

家族との毎日を書き綴っても面白いだろうけど。
でも、こうやって模索すること自体が楽しいのかもしれないし。

日記もブログも、自分の中にある感情とか、モヤモヤのスナップショットって意味では、
なにも変わらないんだよね。或いは、バックアップ。

バックアップが沢山あれば、自分を見失ったとき、復旧が簡単だよね。
データベースでも同じ。

そういう目的でブログを書いてみる。

きっと楽しいことが起こる気がする。