読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒魔法使いの弟子

Ruby & Javascript & Hack

Railsに関する『知の高速道路』を無料でたくさん手に入れる方法

Rails ruby

最近、『Rails関連の資料って、いっぱいあるんだ!』ということに気付き始めました。(遅
なので今回は、Railsは無料でガンガン学べて、無料でサービス提供できるんだよ!ってことを書こうと思います。

目次

  1. 僕が初心者のとき(どうでもいい
  2. Railsの基本を学ぶ
  3. RailsAPIで作る
  4. Github/Rubyforgeで知る
  5. Herokuで試す
  6. 無料じゃないけど買って役に立った書籍
  7. おわりに

僕が初心者のとき


僕は今年からRuby及びRailsを学びはじめたんですが、
まず最初に名著『RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第2版 (大型本)』を購入しました。

RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第2版

RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発 第2版


しかし、発売日が2007/10/26と、2年程度昔のものなので、
初心者が普通に進めるといろいろ躓きまくるものでした。
(なのでホントの初心者にはオススメできませんよ。)


そのかわりに、以下で紹介するサイトを効率よく利用しましょう!

Railsの基本を学ぶ


まず、最初に見ておくべきは、RailsGuidesです。
f:id:kattton:20091111225953p:image

RailsGuides


基本的に全部英語だけど、なんとかなる。やればできる。
ここでRailsの基礎をみっちり固めよう。


なにしろ、ここではインストール方法はもちろん、
MVC主要なコンポーネントの説明などをざっくり/じっくり学ぶことができます。


また、テストや、デバッグセキュリティパフォーマンスなど、
さまざまなテクノロジについても網羅されている最高の教科書です。

RailsAPIで作る


実際にサイトを構築する際は、APIを参照しながらコードを書くことでしょう。
f:id:kattton:20091111232232p:image

Ruby on Rails Documentation

Github&Rubyforgeで知る


実装するうちに『車輪の再発明』やってる気になってきたら
(誰か作ってないかな?と思うようになったら)、GitHubや、RubyForgeに行きましょう。
f:id:kattton:20091111233624p:image


GitHub/RubyForgeには、さまざまなGemやPluginがあり、オープンソースとして先人の知恵を借りることができます。
私見ですが、GitHubのほうが人気のプラグインが多い気がします。


Githubは以前、このブログでも紹介しているので併せてご覧ください。
githubで管理されてる注目プロジェクトのまとめ - 常識という迷信

Herokuで試す


ある程度作ったら、公開したくなるもの。
そんなときには、Herokuを使いましょう。
f:id:kattton:20091111234610p:image
※ Herokuスタッフはきっと日本好き。使えばわかる。


Heroku | Cloud Application Platform


HerokuはRails専用のレンタルサーバです。
Railsアプリを公開できるスペースと、Gitリポジトリが無料で利用できます。超お得です。


Herokuに関しても以前、紹介したので割愛しますね。
HerokuとGitで、2台のPCによる共同開発をやる - 常識という迷信

買って一番役に立った書籍


上記はすべて無料で手に入りますが、書籍もやはり有用で、
私が買って一番役に立ったのは『Railsレシピブック 183の技』ですね。ダントツです。

Railsレシピブック 183の技

Railsレシピブック 183の技


僕の本は、ルーティングのページにコーヒーがこぼれて黒ずんだり、
カバーも無くて手垢だらけですが、この本が一番使えると思います。

おわりに


こういうドキュメントってしばらくすると『いまさら言われなくとも…』とか思うんですが、
初心に返ってみると、『あの頃、見つけてればなぁ』と思ったりするもの。


Railsに興味があるけど、本を買うほどでもないってひとはたくさんいると思います。
そういった人達の背中を押せればと思います。


『Enjoy programming』ですね!